離婚した後の子との面談交渉と慰謝料の問題について

離婚した後の子との面談交渉と慰謝料の問題について

離婚した後の子との面談交渉と慰謝料の問題について

離婚した後の子との面談交渉と慰謝料の問題について

離婚した後の子との面談交渉と慰謝料の問題についてです。


離婚問題は、なかなか身内にも相談しにくいものです。
自分の問題だけど、自分だけの問題ではなく、身内も巻き込んでしまう問題です。
日本の法律では離婚をするには、双方合意の下での離婚の場合かもしくは、片一方に離婚事由があり、それに対してもう一方が離婚請求をした場合のどちらかで成立します。双方の合意で離婚をする場合には、お互いに離婚を合意し、離婚届を出せばそれで離婚が成立します。
したがって、離婚原因には制限がなく、お互いが離婚したいと思い、離婚の合意が出来れば、離婚することが出来ます。もう一方の離婚事由に関しては、

相手に不貞行為があった場合
相手から悪意で遺棄された場合
相手の生死が3年以上不明である場合
相手が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない場合
婚姻の継続が困難な重大な事由がある場合
となっており、これらの離婚原因があることの他に、将来、戸籍上の婚姻を持続させても実質的な夫婦関係の修復は、まず不可能であろうという事情があることが必要です。このように何かしら離婚するに値する理由があれば、離婚は出来るものですが、何も無いのであれば、どんなに離婚したくても、簡単に離婚は出来ません。

子との面談交渉

例えば、親権者・監護者ではない親が、子に会おうとする場合に、親権者・監護者が子に悪影響を与えるからといって親と子の面接を拒否するような場合が多々あります。これは特に子が小さい場合によく生じるトラブルですが、別れて住む親にとっては長い期間会えないことにより子が親を忘れてしまうことをおそれ、また子を監護する親にとっては子が別れた親と会うことによる精神的動揺を危惧するため、それぞれの親にとって深刻な問題となります。子のようなケースの解決は、基本的には当事者間の話し合いによるしかないのですが、当事者間の話し合いで解決できない場合には、家庭裁判所に対して、子の監護処分(面接交渉)に関する調停を申立て、中立的な調停委員および家裁調査官の関与のもと解決していくことになります。



- お勧めサイト情報 -

幼児教育・幼児教室
URL:http://www.shichida.ne.jp/
七田チャイルドアカデミー


- お勧めサイト情報 -

税理士大阪
URL:http://www.e-join.jp/
ジョイン合同税理士事務所


- お勧めサイト情報 -

不動産担保ローン
URL:http://www.sankousya.co.jp/
株式会社産興社